オトコの本音|生活2chまとめブログ

【驚愕の展開】子供の誕生日。俺「何が欲しい?」子供「おかあさんがほしい」俺&嫁「…え?」嫁「なに?おかあさんはいつもいるじゃない」→衝撃の展開へ…【4/4】


全4話(↓記事に繋がるリンク)

1話目2話目3話目4話目



 617: 260 ◆q07s8ovBkE 2006/10/19(木) 04:24:21
ごぶさたしています 
260です。 
大変申し訳ありませんが 
最終報告を11月までまっていただくよう 
お願いしたします。 

妻はここは見ています。 
どんな事を書かれているかも見て知っています。 
反省も含めて、男の気持ちと言うものを知ってもらおうと 
思いました。 

報告を延ばさざるを得なくなった理由はそのときに書きます。

【衝撃】事故で病院に搬送された私「事故の時に何があったの?」旦那「実は右折待ちをしてた私子の車に..」→結果

729: 名無しさん@おーぷん 20/11/26(木)12:22:02 ID:Jm.1k.L1
ありきたりかもだけど、交通事故にあったときが最大の修羅場。
当時1才になりたての娘をチャイルドシートで助手席に乗せ、軽自動車で買い物にいくところだった。
事故ったのは片側一車線の道路。
私は右によって一時停止して、右折でスーパーに入ろうとしているところだった。
ちなみにラッシュ時間は過ぎてるので、車通りはまばら。
そしたら、突然ごしゃん!!みたいな音と第一の衝撃が走り、車が吹っ飛んだ。
訳もわからないまま遠心力を感じたと思ったら、ドカン!!と第二の衝撃、立て続けにドカンと第三の衝撃。
私が覚えてるのはそこまで。あんな風に意識がバーンと砕けるようになくなったのはあとにも先にもその時だけだった。
次に目を覚ましたときは病院にいた。
なんか、ずっと夢うつつで娘のことばかり考えてた気がする。
ぼんやり見えてきた視界の中、顔中ぐしゃぐしゃで泣いてる旦那が、ニコニコ無邪気に笑ってる娘を抱っこしてるのが分かって、涙が止まらなくなってしまった。
色々落ち着いてから、何が起こったのか聞いたところによると。
右折待ちをしていた私の車に、後ろから前方不注意の車が突っ込んできたらしい。
ギリギリでかわそうとしてかわしきれず、私の車の左後方にぶつかった(第一の衝撃)。
私の車は反動で、半回転しながら反対車線に飛び出し、そこへ対向車がモロに追突(第二の衝撃)。
押し出された私の車は、道端で停車してた大型トラックに突っ込んだのだそう(第三の衝撃)。
あとで事故当時の写真を見たけど、私の車は、対向車とトラックに挟まれ見事にサンドイッチの具状態。
運転席と助手席だけが残ってるような凄い有り様だった。
でも、誰も乗ってない後部座席とボンネットがクッションになったおかげで、私も娘も命に別状はなかったと言われた。
本当はチャイルドシートって助手席に乗せるのは良くないらしいんだけど(シートを買うときに店員さんに言われた)、今回ばかりは、後部座席にいたらペシャンコだったと警察に言われてゾッとしたよ。
娘は本当に、奇跡的にかすり傷程度で済んでいたからね(それでも激しく衝撃を受けたので問題ないかしばらく入院)。
ちなみに私は、とっさに娘をかばってたらしく(覚えてない)、伸ばした左腕が潰れた車体に挟まれ結構な深手だった。
今でも傷はあってちょっとした障害も残ってしまったけど、日常生活に問題はないし、他は元気だから不幸中の幸いだと思う。
なお、ちゃんとウインカー出して停車してた私に事故自体の非はなく、前方不注意の車と、速度超過だったらしい対向車の責任が半々、みたいな感じだった模様。
入院してたから対応は旦那と保険会社と親に丸投げだったんだが、どうも前方不注意車のドライバーも、速度超過対向車のドライバーも、色々ゴネて責任の擦り付けあいしてたみたいで大変そうだった。
彼らには一度も会ってないし、見舞いも謝罪もされてない(会ったら面倒くさそうだから別にいいんだけどね)。
かえって完全に巻き込まれただけの、トラックの運転手さんが一番我々のことを気にかけて何度も見舞いに来てくれて、申し訳なくも大変ありがたかった思い出…。

【衝撃】出産後、職場復帰した私→旦那「会社を辞めるわ」私「えぇ!?なんでよ!」旦那「実は..」→結果

471: 名無しさん@おーぷん 20/12/12(土)09:10:24 ID:zW.d6.L3
父親が建築関連の大きな公共事業に関わっていた影響もあって
私も誰もが知ってるような形の残る仕事がしたいと思うようになり、
工業大学を出て建設会社に就職した。
その建設会社で2つ年上の男性と付き合うようになった。
建設関連の部署に私はいたが、彼の方は財務関連の部署で仕事内容は全く違うが
私がこの仕事を目指した経緯等は話してあった。
2年半ほど付き合って将来の話がチラチラ出始めた頃、
「ひとつだけ確認したい」って言われて
彼の実家はコンビニ経営をしていて、両親と兄夫婦で2店舗経営している。(それは知ってた)
立地がいいのか経営は順調で、父親からおまえも一緒にとたまに言われるらしい。
で、一緒にやろうって気持ちはあるかと聞かれた。
私は「ごめん、ない」と答えた。理由もはっきり話した。
「前にも話したような理由からこの仕事を目指して、漸く一級建築士の資格も取れた。
彼君がこの会社を辞めて父親のコンビニを手伝うと言うなら止めはしないけど
私はこの仕事を辞めるつもりはない」と。
すると「でも子供が産まれたらそんな簡単な話じゃないよ?」と言われたので
「子供は欲しいと思っているが、育休を使いながら可能な限り復帰したい。
母が元保育士で、孫の世話するのが夢なんて言ってるぐらいだから頼りにもなるし。
もちろん何が起こるか先のことは分からないけど、何もないのに仕事を辞めるつもりはない」
と正直に話した。
そしたら「わかった。そこまではっきり自分の意思を持ってるならいい。
俺の方はいずれコンビニやることになるかも知れないけど、そこだけ理解してくれるなら」と言われ
そしてプロポーズされて、結婚した。
長くてすみません。続きます。

【悲しい】結婚生活5年、我慢7割・楽しさ3割→でももうおしまい!離婚ってむなしい負け戦ですね…

553: 名無しさん@お腹いっぱい。 2020/10/18(日) 12:19:24.87 ID:HkTxjghR0
離婚合意したので、
もう、このスレにはいられないんだけど、
5年の結婚生活で、
楽しかったこと3割、どうにか耐えたこと7割、
ぐらいな印象だったな。

これからは、
もう、何も耐えることはないのだけど、
それらから解放されると同時に楽しかったことも無くなる訳で、
まー、どっちが良いのか、わかりません。

結婚自体もそうかも知れないけど、離婚は完全に負け戦ですね。

【修羅場】歩行中、オレの目の前で倒れた女性→俺「救急車が来たぞ!」Aさん「私もこの女性と一緒に病院に行きます!」俺「分かった!オレも会社に報告する!」

371: おさかなくわえた名無しさん 2020/12/12(土) 19:18:16.75 ID:FjP/Mt8Q
今週一週間の俺の修羅場
・先週の土曜日の夜に課長から電話があり、客先でトラブルが発生したから週明けに対応しろとのこと
・月曜日、営業の担当者(女性、以下Aさん)にドナドナされて客先へ
・以後火水木と客先に張り付いて、何とか当面の対応を完了
・今朝は遅めに宿をチェックアウトして、報告のため会社に向かう
・14時前に最寄り駅に着いた後、徒歩で会社へと向かう
・駅と会社のちょうど中間辺りで、数メートル前を歩いていた女性が何の前触れもなく
 いきなりばたりと倒れる
・慌てて駆け寄ると、女性は明らかに顔色が悪く意識が無かった
・女性なのでAさんが介抱して、俺は119番に連絡
・しばらくして救急車が到着
・Aさんが同乗していくことになったので、俺はこの件も含めて報告のため会社へ
・会社でまず自分の上司に報告した後、二人で営業部に行ってAさんの上司に報告
・双方の上司に客先トラブル対応のことを報告していたら、Aさんから連絡が入る
・女性のご家族に連絡が着いたが、病院に辿り着くのに時間が掛かりそうなので、
 それまで付き添っているとのこと
・俺はその後自分の部署に戻って、同僚と客先トラブルについて相談
・就業時間終了間際になってAさんが戻ってきたと連絡が入り、上司と二人再び営業部へ
・倒れた女性は元々貧血気味だったらしく、それに睡眠不足が加わって倒れてしまったらしい
・幸い倒れたことによる怪我は無かったが、念のため一日入院して様子を見るらしい
・ご家族には大変感謝され後日お礼をと言われたが、さすがにそれは断ったとのこと
・俺はともかくAさんは色々大変だったので、客先トラブルに関する今後の対応については
週明けに改めて話し合うということに
・部署に戻った後、お前も今日は定時で上がってよいとの上司のありがたいお言葉を
もらったので、そのまま帰宅することに
・夕飯食って帰宅して風呂入ってビール飲んでたらいつの間にかベッドで寝てた
・今日は疲れてた&掃除とか洗濯とか溜まってたので、家事を片付けてだらだら過ごした
・取り敢えず一日終わって今これを書いてる

【怒号】感染爆発寸前な地域に住む毒母『絶対私子の家に行く!』私「引っ越したからどうせ住所はわからない、絶対来るな!!」→結果

501: 名無しさん@おーぷん 20/12/13(日)10:53:28 ID:mW.rd.L1
私は妊娠中で、実家とは新幹線で二時間かかる距離で夫と二人暮らし
毒母が朝七時に電話してまくしたててきた事が以下

・GOTOで旅行行きまくってると自慢
・お隣さん(看護師、理学療法士など医療関係一家)をみんなでハブってる自慢。コロナ菌のかたまり。汚らしいと悪口三昧
・コロナはただの風邪と主張。上のハブり話と矛盾してるがまったく気づいてないもよう
・どこぞのネットで拾ったらしい「世界は日本の感染対策を称賛し、尊敬かつ嫉妬してる」ネタをとうとうと披露
・イヤゲモノをGOTOで買いまくったらしく、配って感謝された自慢
・いつからそっちに行けばいい?予定日を教えろ。生まれたら泊まりこみで世話してやると言って聞かない

実家は感染爆発寸前な地域
こっちはまだ病床数に余裕あるけど戦々恐々としている
この状況で毒母に「絶対行く」とまくしたてられ、怒りによる血圧上昇で気が遠くなりかけた
「来るな、引っ越したからどうせ住所はわからない、絶対来るな」
と言うだけ言って切り、電話線抜いてスマホも電源切って布団に籠城してるがまだ血圧急上昇のせいで頭痛がする
お隣さん(とてもいい人達)に謝罪したいがそれすら迷惑だろうな
なんでお隣さんたちのようないい人が苦労して母みたいなのがのさばってるんだろう
世の中って不公平だ

【爆笑】私に生まれた子供の画像を見せたいじめっ子「名前が『ぷりんぷ』なのよ~」私「名前に濁点付いてるっていじめてた人間の子供が半濁音ww」→結果

350: 名無しさん@おーぷん 20/12/15(火)22:03:19 ID:5c.g1.L1
私の名前は濁点が付く
ぶっちゃけると「あんず」です
小学生のときこの名前をある同級生にからかわれまくった
ズがついてるなんて田舎の方言みたいwとかブス名前wとか言われまくった
今だったら笑い飛ばせるけど当時は気にしましたよ
最近、縁があってそのいじめっ子と話す機会があった
その子は私にしたいじめなんかすっかり忘れて、最近生まれたのだという子供の画像を見せてきた
なんとその子には半濁音がふたつも付いていた
例えるからぷりんぷちゃんみたいな感じ
幸せの絶頂!って感じだったからなんかおかしくなっちゃって、「名前に濁点付いてるっていじめてた人間の子供が半濁音wwwこの子も絶対いじめられるわww」って言った
いじめっ子はハッとしてコソコソしながら帰っていった
ちょっと言い過ぎかもだけどスッキリした

【怒号】知人達が待ってる有名カフェ店に行った私「店の駐車場が埋まってるわ..」LINEで知人『早く来てくれないと困る』→すぐに知人に電話をかけたら・・

417: 名無しさん@おーぷん 20/12/09(水)03:29:06 ID:sg.cw.L1
知人達に山の手にある有名なカフェに誘われて行ったら待ち合わせよりも30分前に集合してて、「遅れてますよ早く来てくれないと困ります^^;」って感じのなんか煽り顔文字付きのLINE送ってきて、着けば全員カフェ内で先に寛いでるし私の分の荷物置きカゴと席使ってるしで散々な目にあった。

誘われた時も店名だけしか言われなくて、てっきりただの話題だと思ってたら次会った時に「楽しみだね~○日か○日はどう?」って改めて言われて正式な誘いなんだと分かった。でも店の情報は何も知らないから調べて教えてと言われた。
とりあえず調べたら土日激混み、駐車場狭くてすぐ埋まる、カフェ内狭いからグループは席別ける必要あり、っていつも使ってる大手旅情報サイトとそこのレビューに多数出てきたからそれを伝えた。なのに日程を日曜に組まれて、時間も激混みの12時に一方的にまとめれた。
旅サイトもレビューの事も「あんなの嘘情報ばかりなのに信じてるの?前に行った私の友達の情報とはまるで違うから間違ってる」とか変な事言われて(私も個人で旅情報まとめて載せてるんだけど?!)、ムカついたから行く気無くして他のカフェ調べてた。
当日は顔出しだけすりゃいいやと思って。一応知人の一部は近所だし、むこうは全員私より15以上年上だからカド立てたくなくて。

当日やっぱり駐車場は待機列作って埋まってたから最寄りのコンビニに移動して、連絡だけしよう思ってスマホ見たら最初の煽りLINEが来てた。
面倒だから電話かけたら「駐車場空いてますけど?とにかく来てください!」的な事強く言われて、もう一度行けば駐車場は埋まってる、でもなんでもない路肩に他の人もやってるから大丈夫停めてと知人に案内された。
カフェ前に残りの人もいんだろ、一言いって早く行こと思って行けば全員カフェ内で件のように寛いでた。この時点で待ち合わせより15分も前。

一番神経わからんのが、ちゃんと顔出しして挨拶もしたのに知人達の間で私の評価が迷惑かける奴、文句ばかり言う奴、面倒な奴って意見で固まりつつあること。
何様なの、ふざけんなどんな育ちして何食ったらそんななるのってムカついてしゃーない。

【衝撃】ストレスで暴食してる旦那→就寝中、旦那「あ、頭が痛い~!吐き気がする~!」私『これで二度目だわ..。だったら..』→結果

254: 名無しさん@おーぷん 20/12/02(水)22:09:33 ID:Ny.3o.L1
数年前、夫が深夜に頭の血管を詰まらせました。
嘔吐、脱糞などあたりは惨憺たるありさまでした。臭いがすごかったのを覚えています。
吐瀉物を喉につまらせないよう横向きにしてすぐさま救急車を呼びましたが、到着する頃に意識を取り戻した夫は救急車の乗車を拒否。
呂律が回ってないのに大丈夫だと言うのです。
救急隊員の方たちも無理に乗せられないと言い、私は気が遠くなりました。
その後夫の意識が再びなくなったので頼み込んで乗せてもらい、ギリギリのところで夫は命を繋ぎました。
右半身に麻痺が出たものの、夫は節制をはじめみるみる体重を減らし、別人のようになりました。
しかしこのコロナ禍で夫の悪い虫が騒ぎ出したのです。
ジムが休館となり、自粛ムードに出歩くのも憚られる状態。たちまち運動不足になりました。
やることがないのでストレスから食欲が爆発して、夫の暴食が再開しました。
あっという間に太っていく夫に私はなにもできませんでした。
言い訳ですが、いくら気をつかった食事を出そうが仕事中や帰宅途中に暴食されては打つ手がありませんから。
そしていつかのように夫を脳梗塞が襲いました。くしくもあの時のように就寝中のことでした。
でも、私は冷静でした。
二度目だから処置に慣れていたとかそんなんではありません。
前回の時、医師からかけられた言葉を覚えていたからです。医師曰く、あと30分遅かったら夫は命を落としていたそうです。
だから待ちました。
30分以上すぎてからようやく私は動き出しました。すでに呼吸が細くなっている夫の名を呼び、119に電話をかけ、献身的に手当てをしました。
結果的に夫は亡くなりましたが、後悔はしていません。
結婚してからずっと夫の不摂生ぶりには悩んできました。
野菜を取らず、好き嫌いが激しく、味の好みがうるさくてストレスでした。
大の病院嫌いで、歯医者にも行かないので夫の歯が抜け落ちたことも知っています。
前回の時以降生活習慣を改善してくれたので抑えていましたが、夫の不摂生が復活したので我慢ができなくなったのです。
好きで病気になったのだから、好きに逝かせてやりました。
人として最低な行いをしたのは認めます。
だからこれは私の神経がわからない話です。
お知らせ
2018年4月1日:管理人が変更になりました

2021年11月1日:管理人が再度変更になりました。新体制で更新を進めていきます。

記事検索
Twitter プロフィール
最新記事
アクセスランキング
ブログランキング